通販ではんこを購入する際の手彫りと機械彫りの見分け方

通販ではんこを購入する場合には実物を見ることができないので本当に手彫りなのかと疑っている人もいるでしょう。実際に中には機械彫りで作り上げている通販サイトも多く存在しているので、手彫りのはんこを手に入れるためにもここでは手彫りと機械彫りの見分け方について紹介します。

まず1つ目に上げられる違いとしては彫る深さです。何が違うのかということですが、手彫りは印刀で細かく文字を削っていきます。それに対して機械彫りは専用の機器を使用して削っていきます。この差で生まれるのが彫ったあとの深さですが、手彫りの場合は凸凹になっているのに対して、機械彫りの場合はツルツルの仕上がりになることがほとんどです。その為あまりにも綺麗な仕上がりになっている場合は機械の可能性が高くなります。

続いて2つ目は彫られた文字で確認する方法です。手彫りと機械彫りでは文字を彫り上げる密度が異なると言われています。具体的に説明すると機械彫りの場合は精密な作業を行うことができるので、文字が整っています。それに対して手彫りは機械のように精密な作業を行うことはできないので、一つひとつの文字は一定ではなく変化がつけられています。それぞれ文字に違いがあるのが手彫りの特徴になるので、同じものがなく安心して購入することができます。

参考HP>>>いいはんこやどっとこむ®:はんこ通販ショップ
手彫りではんこを作成してもらえます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

手彫りのはんこを通販で購入するメリット

これから実印や銀行印、認印などはんこの作成をしようと思っている人もいるでしょう。実際に大人になるにつれて必要になるはんこですが、作成する時には様々な方法が存在しています。大きく分けると機械彫りや手彫りの2種類が存在していますが、その中でも手彫りの印鑑の方が良い点もあります。では実際に手彫りの印鑑を作ることについて考えている人のためにも、どんなメリットがあるのかについて話します。

まず1つ目のメリットは耐久性です。はんこは特に実印や銀行印は登録をして使用するものになるので、なるべく長い期間使用したいと思っている方が多いでしょう。長く使用するためにも作成する際には耐久性が大切になりますが、機械彫りの場合は彫りが浅いというのが特徴的です。彫りが浅くなると欠けやすくなり、綺麗に捺印をすることができなくなりますが、手彫りなら深く掘ることができ、欠けにくいので長く使用することが可能です。耐久性のことを考えるなら手彫りを検討した方がいいでしょう。また2つ目は彫刻性でもメリットがあります。手彫りは複雑な書体で作り上げることができ、それぞれのはんこによって同じ文字でも太さが違うなどそれぞれ味わいが深く仕上げることができます。それによって偽造されにくくなり、トラブルにも巻き込まれにくいはんこを作り上げることができます。

このように、手彫りのメリットは様々ですが、手彫りではんこを作り上げる際には近年通販を選択する人が多くなっています。これから作成を検討している方のためにも手彫りのはんこを通販で購入する際のポイントについてこのサイトでは紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket